アトピー肌のUVケア

紫外線は肌の大敵です。もちろんアトピー肌にとっても、状態悪化の原因になることは言うまでもありません。外出時には紫外線対策をしっかりとるように心がけましょう。

しかしその際に、気をつけるべきことがあります。

一般的に、紫外線対策に使われるのはUVカット効果のあるクリームです。しかしUVクリームの多くは界面活性剤などを含んでおり、アトピー肌には刺激が強いものがほとんどです。肌トラブルを避けるためにも、アトピー肌は添加物を含んでいないパウダーファンデーションを日焼け止めとして使いましょう。

次はパウダーファンデーションを選ぶときのポイントです。

UV効果のあるパウダーファンデーションには、紫外線を反射させるタイプのものと、紫外線を吸収するタイプの二種類があります。アトピー肌の方に向いているのは前者のタイプ、紫外線を肌の上で反射してブロックするものです

紫外線吸収タイプには、刺激が強いものが多く、肌荒れやアレルギーの原因になることがあります。製品によっては記載されていない場合もありますが、この場合にも企業に問い合わせるなどして自分に合うものを選びましょう。

ですので、日焼け止めを使用せず、帽子をかぶったり長袖の服を着たりすることも有効です。ただしその際には汗をかかないよう、そして、汗をかいたらすぐにぬぐうようにするなど気をつけましょう。また、アトピースキンケアを通販しているサイトもあります。こちらも活用してみてはいかがでしょうか。


アトピー肌の保湿

よく、アトピー肌には保湿が大切であるといわれます。その理由は、アトピー肌が水分をとどめておきにくく、乾燥しがちな肌であるためです。乾燥した肌は外部からの刺激を受けやすく、かゆみを引き起こす原因にもなります。肌を安定させるためにも、しっかり保湿を心がけることはアトピー肌の方にとってはとても重要なことです。

しかしどんな方法で保湿を試みればよいのでしょうか。

保湿には、保湿剤で肌の表面をコーティングするやり方と、肌の内部に水分をとどまらせておくやり方があります。もちろん、両方合わせて実践してみることが大事ですが、肌のバリア機能が低下しているアトピー肌には、肌をカバーすることからはじめましょう。

肌のコーティングには油分が使われます。ただし一般の保湿クリームなどは、アトピー肌には刺激が強いことがあるので、精製度の高いワセリンを選ぶとよいでしょう。ワセリンは少々硬く、伸びにくいことがあるので、手の平であたため手を伸ばすとなじみがよくなります。

また、肌に水分を閉じ込めるものとしては、セラミドを使った保湿剤が有効です。水分保持力が高く、保湿効果の高いセラミドは、多くの化粧品に配合されています。ただ、セラミドは水に溶けにくいため、界面活性剤とともに使われることが多く、アトピー肌の方はその点に注意が必要です。成分表を見たり、企業に問い合わせたりするなどして、界面活性剤の使用がなるべく少ないものを選びましょう。


アトピー肌の日常ケア

アトピー肌を悪化させないために、日常生活の中でもできることがたくさんあります。普段から気をつけることで、状態の改善を目指しましょう。

まず、アトピー肌に取っての大敵は汗です。汗が皮膚の上に長くとどまると、刺激になってかゆみが強くなります。汗をかいたら、水で濡らしたタオルか低刺激のウェットティッシュでこまめにふきとりましょう。

じっとしていても汗をかく夏場は、シャワーの回数を増やして皮膚を清潔に保ちます。ただし、アトピー肌は乾燥に弱いので、皮脂を洗い流す石けんは、一日一度か二度までの使用にとどめます。石けんを使った場合も、肌に残ってしまうとかゆみを引き起こすことにつながるので、しっかり洗い流すことが大切です。

石けんやボディソープは泡立てて使い、直接肌に塗らないように気をつけましょう。ナイロンのボディタオルなどは、泡立てには使っても構いませんが、それで肌をこするのはやめておきます。

入浴後は、皮脂が洗い流されて乾燥しやすい状態なので、なるべくすばやく保湿剤を肌につけるようにします。ごしごしこすらないように、手のひらに伸ばして優しくぬるようにしましょう。

また、体にほてりが残っていると、かゆみの原因にもなりますので、早めに体を冷やすのも状態を安定させることに役立ちます。


アトピー肌のスキンケア

アトピー肌は、肌表面のバリア機能が低下するために起きる症状です。乾燥がひどくかゆくなりがちで、肌の表面に湿疹ができることがあります。では、肌の状態を安定させ、かゆみをなくすためにはどのようなことができるのでしょうか。

大切なのは肌の清潔を保つことです。アトピー肌の肌は汗に弱く、汗が表面にとどまることで刺激を感じ、かゆみが悪化することがあります。汗をかいたらすぐにぬぐうようにして、肌表面を常に清潔にするよう心掛けましょう。

入浴も効果的ですが、皮脂を洗い流しすぎないように気をつけます。乾燥にも弱いので、入浴後にはすばやく保湿剤を塗るなど、肌表面の保湿には注意します。

その際に有効なのがワセリンですが、ワセリンの中には添加物が配合されているものもあります。なるべく純度が高く、添加物が少ないものを選びましょう。

また、入浴後に時間がたってしまい、肌が乾燥したときには、化粧水などで水分を補ってやることも有効です。保湿効果が高いとして話題のセラミドなども、アトピー肌の改善に効果があります。

外出時に気をつけることもあります。強い日差しを受けて肌が日焼けしてしまうと、肌の乾燥にもつながりますので、紫外線対策はしっかりと行います。一般的なクリームではなく、アトピー肌の方にはパウダーファンデーションでのUVケアがおすすめです。

このように、日常でできるアトピー肌のスキンケアはたくさんあります。こちらのサイトでは、アトピー肌のためのスキンケアの方法をわかりやすく説明しています。