アトピー肌のスキンケア

アトピー肌は、肌表面のバリア機能が低下するために起きる症状です。乾燥がひどくかゆくなりがちで、肌の表面に湿疹ができることがあります。では、肌の状態を安定させ、かゆみをなくすためにはどのようなことができるのでしょうか。

大切なのは肌の清潔を保つことです。アトピー肌の肌は汗に弱く、汗が表面にとどまることで刺激を感じ、かゆみが悪化することがあります。汗をかいたらすぐにぬぐうようにして、肌表面を常に清潔にするよう心掛けましょう。

入浴も効果的ですが、皮脂を洗い流しすぎないように気をつけます。乾燥にも弱いので、入浴後にはすばやく保湿剤を塗るなど、肌表面の保湿には注意します。

その際に有効なのがワセリンですが、ワセリンの中には添加物が配合されているものもあります。なるべく純度が高く、添加物が少ないものを選びましょう。

また、入浴後に時間がたってしまい、肌が乾燥したときには、化粧水などで水分を補ってやることも有効です。保湿効果が高いとして話題のセラミドなども、アトピー肌の改善に効果があります。

外出時に気をつけることもあります。強い日差しを受けて肌が日焼けしてしまうと、肌の乾燥にもつながりますので、紫外線対策はしっかりと行います。一般的なクリームではなく、アトピー肌の方にはパウダーファンデーションでのUVケアがおすすめです。

このように、日常でできるアトピー肌のスキンケアはたくさんあります。こちらのサイトでは、アトピー肌のためのスキンケアの方法をわかりやすく説明しています。