アトピー肌の日常ケア

アトピー肌を悪化させないために、日常生活の中でもできることがたくさんあります。普段から気をつけることで、状態の改善を目指しましょう。

まず、アトピー肌に取っての大敵は汗です。汗が皮膚の上に長くとどまると、刺激になってかゆみが強くなります。汗をかいたら、水で濡らしたタオルか低刺激のウェットティッシュでこまめにふきとりましょう。

じっとしていても汗をかく夏場は、シャワーの回数を増やして皮膚を清潔に保ちます。ただし、アトピー肌は乾燥に弱いので、皮脂を洗い流す石けんは、一日一度か二度までの使用にとどめます。石けんを使った場合も、肌に残ってしまうとかゆみを引き起こすことにつながるので、しっかり洗い流すことが大切です。

石けんやボディソープは泡立てて使い、直接肌に塗らないように気をつけましょう。ナイロンのボディタオルなどは、泡立てには使っても構いませんが、それで肌をこするのはやめておきます。

入浴後は、皮脂が洗い流されて乾燥しやすい状態なので、なるべくすばやく保湿剤を肌につけるようにします。ごしごしこすらないように、手のひらに伸ばして優しくぬるようにしましょう。

また、体にほてりが残っていると、かゆみの原因にもなりますので、早めに体を冷やすのも状態を安定させることに役立ちます。