アトピー肌の保湿

よく、アトピー肌には保湿が大切であるといわれます。その理由は、アトピー肌が水分をとどめておきにくく、乾燥しがちな肌であるためです。乾燥した肌は外部からの刺激を受けやすく、かゆみを引き起こす原因にもなります。肌を安定させるためにも、しっかり保湿を心がけることはアトピー肌の方にとってはとても重要なことです。

しかしどんな方法で保湿を試みればよいのでしょうか。

保湿には、保湿剤で肌の表面をコーティングするやり方と、肌の内部に水分をとどまらせておくやり方があります。もちろん、両方合わせて実践してみることが大事ですが、肌のバリア機能が低下しているアトピー肌には、肌をカバーすることからはじめましょう。

肌のコーティングには油分が使われます。ただし一般の保湿クリームなどは、アトピー肌には刺激が強いことがあるので、精製度の高いワセリンを選ぶとよいでしょう。ワセリンは少々硬く、伸びにくいことがあるので、手の平であたため手を伸ばすとなじみがよくなります。

また、肌に水分を閉じ込めるものとしては、セラミドを使った保湿剤が有効です。水分保持力が高く、保湿効果の高いセラミドは、多くの化粧品に配合されています。ただ、セラミドは水に溶けにくいため、界面活性剤とともに使われることが多く、アトピー肌の方はその点に注意が必要です。成分表を見たり、企業に問い合わせたりするなどして、界面活性剤の使用がなるべく少ないものを選びましょう。